蘇州生活
蘇州出張赴任旅行の手引き

日本での婚姻手続き


日本での夜間 窓口を利用しました。

夜間窓口でも婚姻届の受付をしてくれます。
だた、これがまあ、お気楽 ご気楽なもので・・・

区役所に前もって確認したところ、
夜間窓口は、特に予約の必要もない ということ。
ちょっと、不安ではありましたが、行ってみると、
建物の左隅に、
「従業員出入り口、兼夜間窓口。御用の方は、呼び鈴を鳴らしてください」
の張り紙。

呼び鈴を鳴らすと、 まだ時間が早かったせいか、
寝ぼけ眼ではない、おじさんが一人、グレーのスウェット姿で現れた。
これが、いかにも、頼りなさげ。

婚姻届を提出すると、
全く分かってないわけですね、
「明日、担当に渡しておきます」
的な感じですので。
受領書も書かなければ、どこかに印押してくれるわけでもなく、
一つの夜間窓口の方への冊子、みたいのを渡されて終わり。

なんとも、日本という国は平和なんだか、
なんだか。

まぁ、結局は、区役所に訪問の後、
日本での婚姻届が終了となったわけです。

必要書類
  1.日本の婚姻届用紙
  2.中国の婚姻公証書、国籍公証書、出生公証書
   3.2.の日本語訳文(自分で翻訳しても可、翻訳者の署名・捺印が必要)

婚姻公証書翻訳版ダウンロード
国籍公証書翻訳ダ ウンロード
出生公証書翻訳ダ ウンロード
(「右クリック-対象をファイルに保存」をしてください)

ちょっ と、異なった点。
不思議ですが、下記は不要のようです。

  1.その他の欄に、「○月○日、中国にて婚姻済み」みたいに記入する。
   2.中国人の署名は不要
  3.証人氏名も不要

まぁ、めでたし、めでたしです^^

その後、なか8日!やっと、戸籍に妻の名前が載りました!
区役所からは、

「処理が終わりました」
と言われたものの、もうちょっと違ういい方してくれても・・・しょりって・・・
いいんじゃないの~って、 思ってしまいました^^
















蘇州移住生活 すみからすみまで